債務整理とブラックリストの関係、ブラックの期間はどのくらい?

MENU

ブラックリストへ登録される

 

自己破産・個人再生・任意整理などの債務整理を行うとブラックリストに登録されることになります。

 

ブラックリストに登録されている状態というのは、債務整理をおこなったという事実が、貸金業者・カード会社等が加盟している信用情報機関の個人信用情報というデータベースに、任意整理・自己破産・個人再生をしたことを表す情報(事故情報)が登録されることをいいます。

 

ブラックリストに登録されると、長期間、新規の借り入れや、新たなクレジットカードが作れなくなるなどの制限を受けることになり、債務整理をする際のデメリットとなります。

 

ブラックリスト(信用情報機関)への登録期間

 

債務整理の手続ごと、登録先の信用情報機関ごとに登録される期間が違ってきます。

 

主な信用情報機関

 

日本には信用情報機関として3つあり、消費者金融系の会社が多く登録しているJICC(株式会社日本信用情報機構)、信販系・クレジットカード系の会社が多く登録しているCIC(株式会社シー・アイ・シー)、銀行・銀行系のクレジットカード会社が多く登録しているKSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあります。

 

各信用情報機関の登録期間

 

JICCの信用情報の登録期間は、自己破産・個人再生・任意整理とも5年です。

 

CICの信用情報の登録期間は、自己破産が5年、個人再生・任意整理は登録されません。
CICのホームページを見ると、自己破産については、官報のデータを収集していないので破産の事故情報は登録されていません」「裁判所へ特定調停・個人再生を申立した場合、弁護士・司法書士に債務整理を依頼した場合の信用情報は登録されません」との趣旨がQ&Aに掲載されています。

 

CICが保有する個人信用情報について
参照URL:http://www.cic.co.jp/qa/registration.html#08

 

KSCの信用情報の登録期間は、自己破産と個人再生は10年で、任意整理については登録されませんが、保証会社から代位弁済を受けた時は、代位弁済がなされたとの事故情報が登録されることがあります。

 

融資を受けられるようになるのは5年後以降

 

債務整理をすると、貸金業者等がどの信用情報機関に登録しているかによって、最低5年〜10年は、借り入れ、クレジットカードを作る、住宅ローン、カーローンなどの融資を受けることができないことになります。

 

個人情報をチェックしてみる

 

また、借り入れが可能になっているかどうかは、債務整理後5年を経過したころに、JICC・CIC・KSCの各信用情報機関に、現時点での自分の個人信用情報の登録情報がどうなっているか、開示請求をすることができます。

 

開示請求の方法は、ネットから請求、郵送、直接行く方法がありますが、詳細は各信用情報機関のHPを確認してみてください。

 

JICCへの情報開示請求URL
http://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/index.html

 

CICへの情報開示請求URL
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

 

KSCへの情報開示請求URL
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/index.html#contents1

 

 

債務整理ブラックリストブラックの期間

 

債務整理をすれば、借金が0に、あるいは返済額が減るなど、今よりも状況は間違いなく楽になるでしょう。

 

それだけ大きな影響力を持ちますから、ノーリスクというわけにはいきません。

 

債務整理には色々な種類がありますが、そのいずれを利用したとしてもブラックリスト入りは避けられません。
どこかで聞き覚えがあるかもしれませんが、ブラックリストです。

 

ブラックリストとは、JICC・CIC・KSCなどの信用情報機関の信用情報に債務整理をしたことが事故情報として登録されることをいい、この人にはお金を貸したり、カードを作ることを禁止するというブラックリストという名簿があるわけではありません。

 

ブラックリストに載ってしまうのは仕方がないとして(上で説明しましたように信用情報機関の信用情報に載ることです)、ブラックの期間はどの程度になるのでしょうか。

 

ブラックの期間は一概に言えるものではなく、どの債務整理を利用したか、どの信用情報機関に加盟している貸金業者を利用したかにより大きく影響されます

 

たとえば、債務整理のうち自己破産・個人再生でも5〜10年、任意整理の場合は0年(登録されない)〜5年と開きがあるようです。

 

債務整理の種類だけでなく個人信用情報機関の違いも重要で、場合によっては差がありません。
信用情報機関に名前が登録される事をブラックリストと呼んでいるため、一定の期間が経過すれば名前は消されます(信用情報から削除される)。

 

たとえ債務整理を行ったとしても、それに関するブラックの期間は一定であり、ブラックリストも最終的には消されるという認識で間違いありません。

 

ただし、それはあくまで信用情報機関に関しての話です。

 

たとえば債務整理を行うに当たって当事者ともいえる債務整理をしたカード会社に対しては、ブラックの期間は永久となりそうです。